皮脂の分泌は年々増える一方!?

皮脂トラブルは思春期だけじゃなかったの?

第二次性徴のホルモンバランスの変化もあって性別に関係なく、皮脂が増えます。鼻の毛穴に詰まった角栓やニキビに悩んだことがある、あるいは現在進行中で悩んでいる人も多いでしょう。 でもこれって大人になるための通過儀礼なのである程度は仕方ないことだと割り切って考える必要があるんですよね。

しかし、困ったことに皮脂トラブルがその後もずっと続く人がいます。

ツヤというよりテカリ、テカリというよりギラつきがひどくて脂取り紙が手放せない。オリーブオイルを絞るかのように小鼻を絞ると油がでてくる。 20代後半、場合によっては30代になってもTゾーンがテカテカの人っているんです。女性であっても。

皮脂は肌のうるおいを保つうえではなくてはならないものですが、その量が過剰になると肌の上で酸化して肌トラブルの原因になったり、角質とともに毛穴に詰まって ニキビをつくる原因になってしまうもの。余分なアブラはしっかり落としておかないといけないんですね。

オイリーな肌はテカるだけでなく、キメが粗くみえてしまうこともあって見た目で損しがち。メイクも崩れがちですから普段のスキンケアで崩れやテカリを防ぐケア方法を取りいれたいところです。

40代になれば皮脂過多はメリットになる!?

若いころは皮脂過多で苦しんだという人も40代となるとその憎かった皮脂の恩恵を受けることが多くなります。 女性の場合は40代になると皮脂の分泌量がガクンと落ち込むため一気に肌が乾燥してきますし、目じりなどに小じわが目立ってきます。肌がカサカサ、パサパサになってくるんですね。

しかし、皮脂が過剰気味な人は逆にちょうどいい皮脂の分泌量になることもあって目元や口元など乾燥しやすい部分のシワもできにくいですし、 肌全体をみても乾燥しにくいという肌状態になるんですね。なので40代になれば皮脂のありがたみを実感できるようになるんです。

もちろんTゾーンだけ脂ぎってUゾーンは乾燥肌という残念な結果になってしまうこともあるんですが、そこは常日頃の正しいスキンケアで防ぐことができます。 皮脂はそもそも肌にとって必要不可欠なものですからそれを美肌を邪魔するものとして邪険に扱かってしまうと後で公開することになります。

その点についても詳しく当サイトでは紹介したいと思います。

頭皮臭や体臭と皮脂の関係

頭皮がくさい!体がクサいのも皮脂が多いせい!?

皮脂自体の独特のニオイというものはありますが、周囲が不快になるほどのニオイではありませんし、ニオイが漂う範囲も広くありません。 問題はそうした皮脂を皮膚の常在菌が分解したり、皮脂が酸化することで発生するニオイ成分が問題なんです。

もうちょっと詳しくいうと、体臭には皮脂や垢が常在菌によって分解されて生じる「分解臭」と、皮脂が酸化されて生じる「酸化臭」の2つがあるということです。 30代以上の男性からはよく『天ぷら油』『機械油』に例えられるような古くなった油のようなニオイがします。

このニオイの正体はぺラルゴン酸というもので女性も頭皮など皮脂が多い部分はこのニオイがするはずです。これなどは酸化臭の1つなんですね。 (40代以上の男性や閉経後の女性から漂ってくる加齢臭はノネナールというまた別の酸化臭です。)

こうした酸化臭は基本的に身体の抗酸化力が落ちてきたことが原因で発生してきてしまうものですが、皮脂が多い人のほうがやっぱり臭くなる傾向があります。 男性ホルモンは皮脂分泌に影響するわけですが、これが男性が女性より皮脂が多い理由であり、同時にクサい原因でもあります。

皮脂過多は肌トラブルを招く要因にもなりますが、頭皮臭や体臭が強くなりやすいともいえるんです。なのでスキンケアはもちろんですがデオドランドにも充分気をつけてほしいなと思います。

デオドランドもスキンケアとやることは同じで余計な皮脂を除去して、抗酸化力をつけて皮脂の酸化を防ぐというのが基本になります。

ニキビに悩む人に役立つおすすめサイト♪

皮脂が多いとどうしても毛穴がつまりやすいのでニキビができやすいといえます。

思春期のニキビと大人のニキビはその原因から違うといわれていてニキビケアも思春期のころのイメージでやってしまうと大失敗することが多いとか。大人ニキビはさまざまな要因が複雑に絡み合って起こっているので しっかり自分のニキビの原因を見極めたうえで、適切なケアをする必要があります。

ニキビを防ぐためにはやはり毎日のスキンケアが重要です。大人ニキビに特化したニキビケア化粧品を賢く選んで使っていきたいですよね。

日中のテカリ、毛穴の目立ち、ニキビに悩んでいる方必見!過剰な皮脂を一掃する最新&最強アプローチ法を徹底解説、今すぐチェックして。